• 洗浄力を比較してクレンジングを選んでみよう

    スキンケアアイテムには、汚れを落として綺麗にするものと、肌に美容成分を補う役目をするものがあります。洗顔料やクレンジングは汚れを落とすために必要なスキンケアアイテムになります。


    肌のついている汚れを綺麗に落とすことができれば、その後の化粧水や美容液などの浸透率を高めることが期待できます。


    つまり、自分にあった洗顔料やクレンジングを選ぶことで、スキンケアの効果を高めることが可能になります。

    クレンジングを選ぶ時は、洗浄力を比較することが大切になってきます。

    クレンジングの比較が有名になってきました。

    メイクが濃いにも関わらず、洗浄力が弱いものを選んでしまっては、肌をゴシゴシとこすりつけてしまう原因になってしまいます。

    さらに汚れを落とすまでの時間が長引くことで、逆に肌に負担をかけてしまう場合も出てきます。洗浄力を比較するポイントは、配合されている界面活性剤の量と関わってきます。

    goo ニュース関する情報探しのお役に立つサイトです。

    界面活性剤の量はオイル、リキッド、クリーム、ミルクの順で高くなっており、洗浄力の強さも、この順番になっています。


    ベースメイクが濃い目の人は、洗浄力の高いオイルやリキッドで短時間でメイクオフするのがおすすめです。


    この時、肌を擦らないように優しくなでることで、肌への負担を減らすことができます。



    それに比較し、ナチュラルメイクが好みの人は、クリームタイプやミルクタイプがおすすめです。


    マスカラや口紅が落ちにくいと感じた場合は、クレンジングを使う前に専用のリムーバーで落とすように心がけてみましょう。