• クレンジングの比較〜メリット、デメリットなど

    クレンジングは、主に洗い流すタイプと拭き取るタイプに分けることができます。


    そして洗い流すタイプは、更にそのテクスチャーによっていくつかの種類に分類されています。

    それぞれの種類にはメリット、デメリットがあります。
    また使用に適したメイクの濃さと言うのもあるので、それらを比較したものを踏まえた上で使い分けていくのが望ましいです。まずはオイルタイプです。

    クレンジングの比較との上手な付き合い方をお知らせします。

    このクレンジングのメリットは、同じ油性であることからメイクへのなじみが非常に良いと言う点が挙げられます。

    他の種類と比較しても、擦らずにメイクを落としやすいと言うのは大きなメリットです。


    よって濃いメイクやウォータープルーフのアイメイクなどを落とすのに適しています。


    ただしその分、肌への負担が大きくなりやすいと言うのはデメリットです。それからジェルタイプです。

    ジェルは肌馴染みが良く、その一方で適度な弾力性と柔らかさがあるので、肌を擦りにくい、肌への負担が少ないと言う点がメリットです。

    顔全体にまんべんなく広げていきやすいので、デイリーメイクを落とす際には向いています。

    BIGLOBEニュースはとても人気があり、興味深いです。

    ジェルと比較して、更に肌への負担が少ないのがクリーム、ミルクタイプです。

    このクレンジングは、ジェルより更に油分を含んでいるので、洗い上がりに肌が乾燥する可能性が低いと言うメリットがあります。
    ただし洗浄力もマイルドなものが多いので、濃いメイクなどを落とすのには適していないことが多いです。



    それからリキッドタイプです。

    リキッドタイプは化粧水感覚で使用できると言う点がメリットで、またコットンに含ませれば拭き取りタイプとして使用することもできます。
    たださっぱりとした使い心地のものが多いので、敏感肌や乾燥肌の人には負担になりやすいと言う点は気をつけたいです。